魔法探偵エクレイア(体験版簡易感想)

魔法探偵エクレイア
魔法探偵エクレイア[ダイニホケンシツ] (DMMはこちら)

ショタ大好きお姉さん主人公による魔法探偵のお仕事物語。魔法に関連する操作が必要な依頼を受けつつ、調査・解決します。と言っても探偵系の話というよりは、探偵業をメインに普通のRPGをプレイしている感覚で、推理そのものはあまり本格的にしていません。ショタ好きのノリでどんどん解決していくようなイメージです。

メインクエストで魔法探偵のお仕事をこなしつつギルドのサブクエストで金策をするゲームシステム。メインクエストで必要なダンジョンやフィールドは一部のみですが、序盤からそれ以外のフィールドや砦、間所、ダンジョンなどメインクエストに関係無い場所にもいける簡易オープンワールド的なシステム。たぶん、章が進むと行ける場所も増えていくと思います。

サブクエストはギルドの依頼を達成するシステムで、様々な場所を巡って護衛したり敵を倒したり素材を集めたり。ただサブクエストのシナリオは依頼人との会話1,2テキストのみの簡易的なもので純粋な資金稼ぎレベル上げ用に用意された消化クエストのような作り。

反対にメインクエストはしっかり作っていますね。第一の依頼は行方不明になったショタの捜索。学校でショタに話しを聞いたり、敵対している探偵事務所の男を脅して情報を聞いたり、ショタを誘惑したり、自分と同じショタ狂いと思って女先生宅に突撃したり、ショタとエッチしたり。ということで、とにかくショタ好きビッチお姉さんです。

ショタを見かけると容姿、セックス、精通の具合などをチェック。そして、スリの手口を活かして本人に気づかれないままチ〇コを触ってチェックできるという仕様。また立ち絵ありショタにはチ〇コチェック以外に色仕掛け(胸見せやスカートをチラっと捲ったり)で誘うことができます。捜査もショタにエッチで誘惑して情報を聞くなど、そして大人男には容赦無く攻撃するんですよね。ダイニホケンシツはオネショタ系サークルですが、ここまで突き抜けているお姉さんは久しぶりです。

また、ボス敗北でオーク凌辱でエッチに抵抗はないもののデカマラでアソコが大きくなってショタとエッチできなくなることにイラついています。戦闘中に衣類が破けて縫うアイテムを所持していない場合商人に身体を許すのですが、平気でお尻の観賞をさせてあげたりと身体を使うことに抵抗がない様子。ただ気持ち良さとは無縁でしょうがなく身体を貸すと言った感じ。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする