DT MAGICAL SCHOOL(童貞 マジカルスクール)(体験版簡易感想)

DT MAGICAL SCHOOL
DT MAGICAL SCHOOL[しんでられ城] (FANZAはこちら)

まだ体験版最後までプレイしていませんが、プレイ3時間ほどの感想。

ウディタ製の本格RPG + リョナ系統のエロ作品。前作「AINSEL」とは、断然と異なる遊びやすさを追求した本格RPG。

リオンは無職童貞30歳。30歳まで童貞を貫くと神様から魔法を授けられる都市伝説は本当で、天使界最強の天使クロエが彼に力を授けました。リオンが授かった能力は召喚。早速、可愛い女の子を召喚しようとするも、召喚できるのは何故かゲテモノモンスターばかり。そして何故か強い。天使の方も訳ありで、魔物に天使界を乗っ取られてしまい、リオンに解放をお願いすることに。そして、リオンの力をつけるため、魔法学校に通うことになります。

舞台は魔法があるファンタジー現代かな。2018年に何らかの危機が訪れる裏設定があり、ゲームの舞台も2018年。バイトなどの言葉もありますが、あまり現代っぽいマップはありません。「ハリーポッター」や「RWBY」のような世界観です。

本作は各章で1つのダンジョンを挑む方式。だいたい3,4のエリアに分かれており、各エリア開始前に長文イベント。この長文イベントはウディタ歩行キャラとはまた異なるデフォルメ2Dキャラや自作背景を用いて、部分部分にアニメーションを導入したイベントが行われます。特に背景は何種類書いたの?と思えるくらいに豊富で自作素材も大量にあり、他サークルでは真似ができない技術が詰め込まれています。例えば敵2Dデフォルメキャラが使った魔法をリオンが剣を振りまわして跳ね返したり、窓から飛び降りて目的地に着地したり。日常のかっこいい部分は全てアニメーションをしています。かっこいいし臨場感もあり、物語に没入できるレベル。

このアニメーションを随所に仕込んでストーリーが進みます。いわゆる学生生活ものですが、「モテ男に馬鹿にされ決闘するも女達からブーイングがくる」、「いじわるな先生や生徒からいじめに遭う」など、青春を謳歌するとは言い難いコメディになっています。ちなみに俺Tueee系なのでいじわるな先生や生徒にはきちんと「ざまぁ」しますし、リオンを認める勢力もいます。ただ、リオン周りには女っ気が一つもありません。クリアまで童貞なのか最終的にクロエが筆おろししてあげるのか気になります。

ゲームの仕組みは本拠地(魔法学校にある拠点)でクロエに回復や道具の購入をしてもらったり、図書館での情報取得、召喚部屋でパーティーメンバー(召喚モンスター)を決めたりします。そして準備ができたら各エリアを選択してダンジョンへ。一度クリアしたエリアは何度も再プレイが可能。また、シナリオも再度読むかスキップを選択できます。

ダンジョンはウディタで見慣れたマップでシンボルエンカウントですが、ダンジョン上ではCボタンで魔法を放つことができます。特定アイテム(だいたい歩行不可より先にある)に魔法を当てるとコインを入手したり様々なアイテムを入手、あるギミックは魔法を当てると対応するギミックにワープ、踏むと動く通路、爆弾で通れるようになる地形などなどギミックがどっさりです。基本的にギミックを無理に取得する必要もありませんが、新たな召喚モンスターや魔法の指輪などのコレクションアイテムも。ギミックやレベルデザイン、敵の配置など各ダンジョンとも本当によく練られています。

エロはリョナ関連。前提としてリオンが参加するエッチは今のところ1つもありません。たぶん終盤まで童貞を貫かざるをえないでしょう。

そしてイベント類としては、まずダンジョン内で襲われている女の子を助けるイベント。基本的にすでに襲われている最中であり、助ける前にイベントが発生します。ならず者の家を探索する時、ある部屋では攫われた女の子が輪姦されています。痣もあり。また、妖精がスライムに肌を溶かされているようなイベントも。基本的に助けた後はお礼を言われますが、どちらも彼氏の元に帰りました。

もう一つのイベントがボス戦敗北。ボス戦で敗北するとクロエがリオンを助けようとと隠れ家からテレポートします。しかし、何らかの理由でクロエが拘束されて襲われてしまいます。その時のボスとは脈絡の無いイベントもありますが、1シーン1シーンに力が入っています。例えばあるボスに敗北すると拷問好きな盗賊のアジトに囚われ、ひたすらサンドバッグになるCG付きエロが始まります。その後、体力が回復したリオンが助けにくるも盗賊が暴走しクロエは処刑部屋へ。巨大な剣がクロエを狙って迫ってくるのに対してクロエが必死に逃げるアニメーションパートに。アニメーションの最後は2Dデフォルメクロエが剣に貫かれてしまいます。そして貫かれた後は剣に電撃が入りビリビリに。他の敗北では、化け物に飲み込まれてしまい消化されそうになるも反撃を整えるクロエ。しかし、たまたま訪れたA級魔法士達が中に人間がいることを知らず剣で何度も貫くようなリョナ、。

リョナイベントの一部にCGでは無く、2Dデフォルメキャラのアニメーションがあることにびっくりしました。おそらくリョナ関係が好きな方は満足するかと。ゲームシステムやお話はすごい面白いゲームです。ゲームが面白かったので製品版プレイ予定と言いたいのですが、リョナ方面がちょっと激しくて私の苦手な部分もあるので迷っています(逆に臨場感あるのでリョナ好きさんには是非おすすめしたい)。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする