Cursed sophiA -セイケンと淫魔の紋章-(体験版簡易感想)

Cursed sophiA -セイケンと淫魔の紋章-
Cursed sophiA -セイケンと淫魔の紋章-
冒険者になるため町ギルドにやってきた女主人公ソフィア。しかし適正がないと追い出されてしまいます。その時にギルドメンバーであるおっさんが助言し冒険者ギルドにある「セイケン」をソフィアにプレゼント、ソフィアは冒険者になることができます。

ところがこのセイケン、持ち主を強くする代わりに淫紋を身体に宿し、エッチな出来事が寄ってくる呪われた剣でした。早速その夜、泥酔した彼女は処女を奪われることに。この剣と向き合いながらソフィアは冒険者として活躍していきます。

ゲームシステムはこのセイケンを活かしたもの。レベルアップ時やエッチイベント発生時に性剣ポイントを入手し、入手したポイントでパネルを解放して強くなっていきます。パネルは戦闘時のステータスアップ効果以外にセットで「淫乱レベル」「マ○コレベル」「味覚レベル」「乳首レベル」が増えていき特定のレベルになることでイベント発生条件になっています。例えば初期状態では寝てもなにもなかったのにマ〇コレベルが1になるとオナニーイベントが発生します。

ギルド依頼関連は物語無しで納品や討伐のクエストをこなす形式。依頼をこなしていくとメインシナリオも進んでいきます。また、一部のサブイベントにもストーリーがあります。戦闘等はオーソドックスですが、戦闘中はカットイン入りのエロ攻撃を受けることも。また、一部光っている魔物に敗北した場合はそのまま敗北エロに発展します。テキスト関係は弱いサークルさんですが、CGの使い方やここでエロが発生して欲しい!と思うところでエロが発生してなかなか官能をくすぐるゲーム。

また、今作は登場人物の立ち絵が多いことも特徴。ギルドの受付嬢、宿屋の受付嬢、ショップの販売員などに可愛い立ち絵がついています。紹介画像を見る限りは彼女達にそれぞれエロイベントやサブイベントが用意されているようです。その他、衣装を複数用意しており、衣装がキーになるエロイベントなどもあり、卒なく遊べる短編として作られているようです。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする