コー○ギアス 崩壊のレクイエム(体験版簡易感想)

コー○ギアス 崩壊のレクイエム
コー○ギアス 崩壊のレクイエム[死にたくない!] (DMMはこちら)
コードギアスの二次創作SRPG。ツクール製ですが、インターミッション・会話パート・SRPGパートとそれぞれ無印第4次ぐらいのスパロボインターフェイスを再現しようとしています。よくツクールでここまで似せたなと。ただ、SRPG中は一切セーブできなかったり、敵の歩行距離はステータスで確認して目視が必要だったりとツクール故の限界があります。また、体験版は比較的序盤ですがEASYでも多少難易度が高く、運が悪いと普通に全滅の可能性あり。シナリオパートが各章それなりに長く読み応えあり。

音楽は原作の曲が使われていません。だけどスパロボの雰囲気(桜庭さん(スタオー・テイルズ)の雰囲気もあり)があるかっこいい曲を揃えています。スキルを放つ時はキャラ専用曲も用意されているし、フリー素材ですが選曲は良さげ。

原作知識を深く知らないと作れないシナリオを構築しており、作者が原作ファンであることは確かです。原作の文化や政治を掘り下げてよりリアリティを出しつつ原作以上の困難が主役キャラ達に襲い掛かってきます。ただ、このシナリオを許せるかどうかが人によって大きくわかれるでしょう。原作キャラなら確かにこういう言動や動きをする可能性はあるかなと説得力はあるものの、キャラの悪意や弱さを前面に押し出しているためです。それ故キャラの魅力を伝えきれていません(後半になったら変わりそうな気配もありますが)。ちなみに私はこういう改変もこれはこれでありと考えているため、普通に興味深く読み進めていました。

崩壊のレクイエム

時はゼロレクイエム後の世界、扇はワイロで日本総理の地位を維持し、中華連合は優柔不断な日本を省き、ブリタニアはナナリー皇帝が元植民地に賠償金を払う謝罪外交で国民の不満が爆発寸前。そして何者かの暗躍によりシュナイゼルのギアスがキャンセル。

ゼロレクイエムで平和になったはずの世界でも苦しむ国民たちの不満が蓄積し平和が脅かされるというシナリオです。プレイヤーはゼロレクイエム体制を崩す側として、守る者達を撃破していきます。

反○のルルーシュRE

体験版では未開放

頬染めのユフィ

原作の衝撃シーンである「血染めのユフィ」でルールシュがかけたギアスが「俺のことを愛せ」だったらというシナリオでルルーシュはスザクに悪いと思いながらもユフィの身体に溺れつつ行政特区日本を経営します。ブリタニア本国が行政特区を許可した裏の経済的理由など作者の原作考察が生きているシナリオです。

ゲームは都市経営SLGとなっていて運営資金をためつつ、国民の幸福度を上げていくゲームになっています。

ターンで選べる行動は5つで「食品産業」で農家を増やし就業率と食料備蓄率を増加、「特区内産業」で就業率が増加、「出稼ぎ」でブリタニアに労働を提供して資金が上昇する代わりに日本人差別に遭い幸福度が減少、「食料輸入」でブリタニア本国から輸入、「警備隊」はトラブルイベントが発生した際に幸福度を下げないようにします。毎ターン、就業率に則した収入、食料備蓄の減少と農家分の上昇などがあります。それぞれで初回に選んだ時はイベントあり(体験版は1回しか選べれません)。

イベントもいくつか用意されていて、元黒の騎士団幹部が行政に参加していることに対してのテロ被害者からのデモ、行政特区日本に続けと海外の反乱が活発になったことに対するブリタニア本国からのユフィへの圧力など運営は多難。

たぶん項目が少ないので分量はそこまでないと思いますが普通に面白そうなゲームでした。

真・悪逆皇帝ルルーシュ

ナナリーが死亡してしまい、やぶれかぶれになったルルーシュはギアスによる世界征服を狙います。反攻する勢力には直々に制圧。ストリートファイター風のキャラ選択画面で選択したキャラのステージに行き、敵勢力を倒すシミュレーションRPGです。「崩壊のレクイエム」と比べると敵味方共にフル戦力で難易度も普通にありそうでした。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする