アリスソフトの地域制圧型SLGや国盗りSLGに影響を受けたエロRPG、エロSLGまとめ

アリスソフトの地域制圧型ゲーム(鬼畜王ランス、大悪司、大番長、大帝国、戦国ランスなど)アリスソフトの地域制圧型は商業ゲーとしては「英雄*戦姫」が発売していますが、それ以外で大々的に有名なゲームは美少女、コンシューマー含め商業ゲーでは見当たりません。つまり地域制圧型も需要に反して供給が少ないニッチな分野のゲームになっています。これらの影響を受けたと思われるゲームをまとめました。

竜王ちゃんの野望

竜王ちゃんの野望
竜王ちゃんの野望[SPLUSH WAVE]

「ドラゴンクエスト」の世界観、「信長の野望」のシステムを組み合わせたシミュレーションゲーム。アレフガルド全域が戦国時代に突入し、各地方で争うことに。事の発端は竜王で存在する地方もドラクエ1準拠ですが、リムルダール地方の初期支配下はドラクエ7キーファ王子の元、ドラクエ7ばかり。リムルダール南のほこら(原作でロトの印を求められるところ)あたりの地区はダイの大冒険キャラ達が支配。といったようにSPLUSH WAVE過去作同様オールスターズです。

初期から内政・軍事・外交など、ほとんどのコマンドが解放され自由度が高くなっています。内政は食料売買や城壁強化、街道整備など軍事は戦争、訓練、兵士雇用・解雇など。すぐに侵略しても可(準備不足で負けるけど)だし、内政でひたすら国力を上げても可で自由度は高め。資金を意識しつつ兵士や兵糧を揃えて万全の状態で敵国に攻めても良し。兵士を増やし過ぎると支出が大きくなるジレンマもあり、適宜解雇したりとただ単に戦争だけを意識するゲームではありません。

敵武将は仲間にしても良し、捉えて凌辱しても良し。仲間にするのも捨てがたいけど、凌辱するとステータスアップ。戦争は陣取りSLG風のバトルモードになります。仲間にしても忠誠度を上げるとエッチできます。

難点としては説明不足感があるため信長の野望系SLGをプレイしていないと少々辛いかも。コマンドの効果を試行錯誤をしながら戦略を立てていく必要があります。

かなりのスルメゲーで要点さえ覚えれば黙々と時間を忘れてプレイしてしまうゲーム。

DQ SLG HAREM V

DQ SLG HAREM V
DQ SLG HAREM V[A2-WiNG]

ドラゴンクエストの二次創作且つアリスソフト系の地域制圧シミュレーション。ドラクエ5主人公が本作の主人公ですが、世界観はDQオールスターズです。グランパニア(DQ5)の洞窟先はモンバーバラ(DQ4)と言った具合。ストーリーは原作重視というわけではなく、DQキャラを用いたラノベという印象があります。

グランパニアの戦力を使い各地域を制圧しながら領土を拡大します。各地域制圧時は4人パーティーの戦闘。1人が数百~数千人の兵士を率いるという設定。兵士は城でゴールドと引き換えに補充したり最大兵士数を増加したりします。各地でカジノなどの建物を建て税収アップさせ、税収で戦力を増加します。また、仲間にした各キャラと話しながら愛情を深め、エッチに発展させることも。

ただし、難点はとてつもないマゾゲーであること。とにかく初心者お断りな難易度のため体験版で確認は必須です。私は製品版の途中までプレイしましたが限界が訪れてクリアは断念。この種のジャンルが好きでマゾ難易度ドンと来いという方向けかな。

素晴らしき世界の為に!!

素晴らしき世界の為に!!
素晴らしき世界の為に!![想見茶屋]
ロリ監禁凌辱孕ませというニッチな作品。ノリはコメディそのもの。主人公は秘密結社の一員。小さな女性とにゃんにゃんして孕ませるのが目的の団。とにかく団員がアクの強いキャラばかりで孕まししか考えていません。いわゆる戦隊ものの悪役ですが、ノリはアリスソフト制にかなり近いノリです。敵側が正義の味方なのでそれらしいキャラも。

発売当初の売上は微妙だったのですが、ジワジワ伸びているロングテラーゲーム。地区という小さな舞台で繰り広げられる地域制圧型風SLGに監禁後の調教SLGを組み合わせた内容。RPGツクールVX ACE製なんですが、本当にツクールで作ったの?と思えるほど大規模に改造しています。中編なのが勿体ないと思うくらいシステムの出来が良いです。

地域制圧は簡易的なスゴロクで行いその際に発生する戦闘もあります。研究・開発・投資で部隊強化や団員増員し、制圧した地区は建物を立てて収入を得たり調教の効率を良くしたり。

エロ関連はコメディさからは程遠く、イラストの見た目とは裏腹にかなり鬼畜なゲームです。攫ってレイプ、その後は調教。調教も段階があります。また、種付けも大事な要素。

ロストファントム

ロストファントム
ロストファントム[チェリスソフト]
地域制圧型シミュレーションの人気作と言えばチェリスソフトの「エルティターナル・シリーズ」と言ってもよいほど有名なゲーム。本作は同シリーズの2作目で1作目の「エルフの守護者」も人気。どちらも面白さやゲーム性はほぼ同じです。

基本的にはメインとして進む場所を指示され、そこまで進むと戦闘が始まるようなシステム。フリーエリアとして探索などもありますが基本一本道です。イメージとしてはアリスソフトの大悪司系地域制圧型ゲームのシステムをアレンジしながらもルートを固定したような感じ。同系統のゲームと比較するとターン数の余裕があるので武器作りや素材集めなどのやり込みも充実。

なので、本来の地域制圧型とは少し異なるのですが、その系統の雰囲気はばっちり再現しておりさらに突筆すべきは後の余韻に浸れるような優れたシナリオ。

他国から狙われている国を舞台とした壮大な群像劇となっており、記憶喪失の仮面男が主人公含めヒロインやしぶい将軍まで老若男女様々な人物が活躍します。それぞれ個性があり魅力的なキャラばかり。政治闘争や各人物の思惑、主人公の謎と様々な伏線を出しつつ壮大な物語が描かれます。

エロは凌辱・和姦の双方あり。

戦国ニート

戦国ニート
戦国ニート[ジャクシークリエイト]
戦国ランスを大幅に簡易化したような国盗りシミュレーション。殿様が家臣にエッチなことができると唆されて戦を起こすゲームです。変なキャラばかりでノリも同作のそれ。ハニワもいます。一部ラダトーム国など別ゲーパロディもありますが。

すでにサービスが終了していますが、戦闘部分を無限∞ナイツを2D化したようなシステムを採用(戦国ニート発売当時は運営していたゲームです。)。陣地にタップするとわらわら兵士が出現し敵に向かって自動で攻撃します。また、武将もレア度や赤・靑・緑の三すくみなどちょびっとスマホソシャゲを意識。ただし、あくまでゲームのライト感を出すためでありゲームは国盗り系そのものです。そのため簡単に理解できて爽快感もある戦闘を楽しみつつ国盗りや領地開発などに勤しむことができます。

ちなみに領地開発もボタン1つ、探索もゴールドを消費しボタン1つ、そして敵国を滅ぼすと側室をゲットしてエッチし放題。ボリュームやコメディ的シナリオを維持しつつ国盗り系を簡素にしたようなゲーム。エロ関係もしっかりしています。

赤い少女のカチェロット -乱暴な娼館経営エロRPG!-

赤い少女のカチェロット -乱暴な娼館経営エロRPG!-
赤い少女のカチェロット -乱暴な娼館経営エロRPG!-

売春管理・娼館経営シミュレーションゲームまとめにも掲載しています。つまり娼館経営SLGと地域制圧型SLGを足して2で割ったようなゲームです。戦闘が娼婦勝負だけど、アリスソフト型地域制圧ゲームに近いシステム。

貧しい家の親と交渉して女の子を購入して娼館で働かせる交渉パート、客の好みに合う女の子を宛がう売春パート、女の子のパラメータを伸ばす調教パート、と一通りの経営シミュを高クオリティ&サクサク進行で楽しめるが、本髄は各地域を管理している売春組織と戦う地域制圧戦。管理している娼婦全てを合わせての総力戦で、相手組織と地域住民がどちらを支持してくれるかを争う。

そして、管理する地域が増えると常時収入やら、売春相手の増加やらでできることが増え……という進め方。20時間以上楽しめて、ストーリーもなにげに面白い。

KINGDOM3 神と闘魔と学校城の夕暮れ

KINGDOM3 神と闘魔と学校城の夕暮れ
KINGDOM3 神と闘魔と学校城の夕暮れ[WLCソフト]
日本過去の偉人と同名のキャラ達が登場する鎌倉時代末期あたりをモチーフにしたファンタジー日本に連れてこられてしまった主人公が現代に戻るため奮闘するゲーム。乙女ゲーとしてGirlsManiaxの方で販売しているゲーム。あちらはお話が中心で本格的なゲームが少ないため、かなり異色を放っています。ゲーム物を加工して交易して資金を稼いだり訓練で強化したり自由度も高めだったはず(すみません、プレイしたのがかなり前のためあまり記憶がありません)。

基本的には地域制圧に近いゲームですが戦闘部分はFE系戦略SRPGのようなシステムです(1戦1戦時間がかかる)。3は18禁有料ですが1,2は共に全年齢フリー化しています。こちらも地域制圧型で大番長の序盤のように1つの学園内を舞台にしています。UIを見ても大番長を思い出して懐かしくなる作り。

しまいせ☆

しまいせ☆
しまいせ☆[み]
姉妹異世界百合物語と書いてある通り百合百合しいゲーム。触手ありでゲーム内の登場人物は女性オンリー。あくまで体験版をプレイした感触ですが、地域制圧型ですがゲームよりも読み物としての評価が高く百合好きさんにはプレイしてみて欲しい作品です。イラストが少し弱い気もしますがテキストが頑張ってます。軽快なギャグを合間に挟みながら進むので長文テキストですが読みやすい文章です。ギャグのセンスが独特で人によって向き不向きがある気もしますが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする