悪魔城、キャッスルヴァニアシリーズの影響があるエロRPG,エロアクションまとめ

悪魔城やキャッスルヴァニアシリーズに影響を受けたと思われるエロRPG、エロアクションをまとめました。アクション系は敵の動きやステージ構成、死神・ラスボス第一形態の仕草と言ったいわゆるゲーム性のリスペクト系で、RPGは悪魔城の雰囲気があるゲームです。

横スクロールアクション

ロードナイトコンプレックス 魔城の姫騎士

ロードナイトコンプレックス 魔城の姫騎士
ロードナイトコンプレックス 魔城の姫騎士[ヤマネコソフト]

ラグナロクオンライン + 悪魔城ドラキュラ月下の夜想曲の二次創作でクオリティの高い探索2.5Dアクションゲーム。城内と外部を行ったり来たりします。城外はドラキュラ風の敵が一部いるものの、ゴブリンなどファンタジー系の敵も多く普通のアクションといった印象。ただし城内はどのステージも月下二次創作の雰囲気が強い。

船渡しをするジプシーのセリフが月下の同キャラと同様のセリフを喋べったり、城主のいる場所(比較的序盤から行ける)の仕掛けや城主の攻撃方法が月下のラスボスと似ていたりと同作オマージュはそこら中で見ることができます。

難易度は中の上ぐらいですが、ポーションのごり押しがある程度ききます。(ゴールド集めがめんどいけど)

ロードナイトコンプレックス 魔城の姫騎士(体験版簡易感想)
ラグナロク二次創作、悪魔城ドラキュラの雰囲気をまとった2.5D横スクロールアクションゲーム「ロードナイトコンプレックス 魔城の姫騎士 / ヤマネコソフト」の簡易感想です。

悪魔城サキュバス

悪魔城サキュバス
悪魔城サキュバス[らいぶらはーと]
初代からファミコン時代の悪魔城ドラキュラをイメージしたアクションゲーム。鞭で攻撃して低空のジャンプ、そしてサブウェッポン、ファミコンテイストのドットで硬派なイメージです。アクションに関してもかなりシビアであることは覚悟する必要があります。ギリギリでジャンプするような箇所がいくつもあり、難易度も高め。いわゆる死にゲーで何度もプレイするスタイルです。

ゲーム中にドットエロで襲われている女の子がおり、見捨てるとエッチCG、助けるとエンディングが変化。

UnHolY SaNctuaRy

UnHolY SaNctuaRy
UnHolY SaNctuaRy[アンホリ☆プロダクション] (DMMはこちら)
こちらもラグナロクオンライン + 悪魔城ドラキュラ二次創作。鞭で攻撃しますが、本家よりも剣で攻撃するような範囲があり扱いやすくなっています。また、ジャンプ中の効果攻撃やテレポート、サブウェッポンなど攻撃方法は色々。難易度高め。倒されるとドットアニメーションエロが発生します。

ちなみに関連作として姉妹サークルアンホリクリエーションにて探索型アクション「UnHolY DisAsTeR -Complete Edition-」も開発中で、こちらもクオリティが高いゲームです。

RPG

本当はもう1作紹介したい名作があり探していたのですが見つからず。

破戒シスター

破戒シスター
破戒シスター[銘菓!エンゼルまんじゅう]
バイオハザード + 悪魔城ドラキュラを下地に様々なホラーゲームやアニメ・映画をパロディにした世界観を構築しているハクスラ系のRPGです。原作キャラは一切登場せずパロディキャラですが世界観や登場人物を上手に融合させてスパロボさながらのクロスオーバーシナリオを見せてくれます。ベルモンド家のパロディ名一族の女性やドラキュラ、死神みたいなキャラも登場、なによりオープニングと終盤で攻略するドラキュラ城に原作の雰囲気がばっちり感じられる点が素晴らしい。

パロディとコメディとハクスラのゲームかと思いきや、シナリオ最後はちょっとウルっとくる感動シナリオになっています。エンディングにはかなりの労力を割いていそうな出来栄え。

ドラゴンと黒竜の巫女

ドラゴンと黒竜の巫女
ドラゴンと黒竜の巫女[LIMIT CYCLE] (DMMはこちら)
作者としては意図していないと思うのですが、私がプレイしたら「悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架」と似た雰囲気を感じたゲーム。辺境の地底王国にて邪教が暗躍しており、男主人公が攫われた娘を助けてほしいとの依頼で調査することになります。退廃的な雰囲気や少しずつ先に進めていくアクションパズルなダンジョン構造などが似ているんですよね。私が勝手に似ていると思っているだけで、

ゲーム性はドラゴンスレイヤーリスペクト(ルールは結構異なるので体験版で要確認)です。迷路になっている地下ダンジョンを探索しながら地底にある各町を見つけ、装備を新調します。魔物を倒すとカルマという値が蓄積し溜まってくるとバッドステータスがかかり、各町にいる娼婦と一夜を共にすると回復するという設定です。テキストのジョークセンスが好き。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする