はるうられに続け!売春管理・娼館経営シミュレーションゲームまとめ【エロSLG】

アリスソフトがはるうられを収録したバラエティパッケージ、「アリス2010」を発売したのは2010年でした。自動生成による大量の凡用キャラ画像、拉致って奉仕部員に入部させた後に強制売春させ、壊れたら捨ててという鬼畜な所業、凡用部員に混じって登場するイベントやエロシーンありの特別キャラ、実績などのやり込み、そして部員管理や所持金の上昇などの徹底した経営。

一般的な経営物の題材を売春にしただけのゲームながら、目で楽しめ、数値的なエロさもあり、経営部分も面白く当時は衝撃的で話題になったゲームでした。

おそらく凡用キャラ売春+経営の初出ははるうられですが、これらの影響を受けたであろう売春管理、娼館経営物の同人ゲームが増えてきましたので紹介したいと思います。

ウラレタウン

ウラレタウン
[ゲームコロン]

おそらくエロ同人界の歴史に残る2017年の大ヒット作。唯一売春が認められた街「ウラレタウン」で売春管理する組織を立ち上げる調教&経営シミュレーションゲーム。おそらく名称に含まれる「ウラレ」にはハルウラレのリスペクトがあると思われ、経営部分のゲーム感覚もそれに近い。

2D凡用自動生成のハルウラレに対して3Dポリゴンの自動生成凡用キャラを使用しており、プロフィールも自動生成。突筆すべきは調教シミュレーション部分については、同サークルの過去作「密室ブリード」シリーズをパワーアップした調教シーンを収録している点だ。そのため、様々な凡用の女の子に3D空間の中、拉致した凡用ポリゴンの女の子に鞭やセックス、放尿など様々な調教を行って忠誠度や各種パラメータを上げていく。そして調教が完了したら街で売春させてお金を稼ぎ、衰えたり、精神破壊を起こした女性は引退させて新しい女の子を拉致する。

また、施設の拡張や処理の自動化などで序盤、中盤、後半でプレイ方法が変化していくのも特徴で、序盤は密室ブリードながらの調教を行い、中盤は女性の体調管理や売春場所の決定、ランクの高い女性の拉致など経営フェーズ中心となり、経営が終了した後半は女性の外見や服装、特技などを変化させて自分好みのキャラを作るなどの新しい楽しみ方ができる。

ビフレストの魔物娼館

ビフレストの魔物娼館
[ミッドナイトプレジャー]

魔物娘専門の娼館を経営する調教&経営シミュレーションゲーム。ハーピーやワーウルフ、ダゴン、天使、サイクロプスなどライトユーザーからハードなモン娘ユーザーまでを虜にするラインナップ。

魔物娘は奴隷市場やオークションで購入して、調教シミュを超簡略化した調教パートで性技を鍛える。奴隷なので出自は悲惨だし、無理矢理客を取らせることになる魔物娘が多い。調教項目は、単純なフェラやセックスだけでなく、産卵や触手などの特殊プレイがある。一応は凡用ということで同じ魔物娘を購入できるが、各種族で同一の性格や個性を持っており、調教パートは種族特性以外にその個性を生かしたエロや会話パートがある。また好感度をためると専用のハッピーエンドも用意されている。

そして、娼館パートは訪れる客が変態(単眼好きとか触手好き)ばかりで、それに合う魔物娘を宛がうと良い収入が貰える。

施設を大きくすると収入アップしたり魔物娘所持枠を増加したりできるが、所持枠が少ないため、必要ない魔物娘を売却したりと言った鬼畜さもある。調教・経営共に良く出来ているので魔物娘に特化した内容ながら、一般ユーザーにも遊んで欲しいゲームだ。

アヤネ娼婦館

アヤネ娼婦館
[トライドリーム]

魔王の幹部だったサキュバスが魔王復活のため精気を貯める手段として娼館を経営するダンジョンRPG&経営シミュレーション。

ダンジョン探索が基本で、主人公が街(ダンジョン)などで酔っ払いや犬、兵士などと戦闘して倒した後、精気を入手する。この精気を使い娼婦の熟練度を上げて、娼館の精気・金額入手量を上げたり、自身の強化をする。そして貯めたお金で新しい娼婦を雇ったり、娼館を拡張したりして大きくしていく。

ただ、上記2作とは異なり、娼婦では無くあくまで主人公中心に描いており、経営的な楽しさはあるが、娼婦の画像が無く、数字だけで淡々と熟練度や収支が行われるので経営物としてはエロと結びついていない。エッチもあまり娼婦系のエロシーンが無く、街で襲われている娘を助けて(その時にレイプCG)娼婦に加える、街で戦闘敗北(又は勝利)してのエロなど普通のRPGに近いエロ(テキストは少なめ)

ただ、ダンジョンで貯めた精気で娼館が大きくなって武器防具を新調して……とハクスラ的な楽しみ方が経営と結びついているのが楽しかった。こう書くとちょっと経営入ったRPGか……と思うかもしれないけど、あくまで経営が主でダンジョン探索が手段。

ボクの奴隷娼館

ボクの奴隷娼館
[粗製]

どんどん娼館を大きくしていく建築シミュレーション&経営シミュレーション。システム的には「fallout shelter」に似ている(驚くべきことにfallout shelterの方が後続)。

奴隷娼婦に接客をさせて貯めたお金で部屋を購入してどんどん建物を大きくする。部屋はすでに建てている部屋の左右か上階、つまり隣接している場所に作ることができる。序盤だと「壁尻部屋」で尻だけを出した状態のセックス部屋を作ったり調教部屋を作ったり。それぞれの部屋に奴隷を配置すると簡易的なドットアニメが始まる。調教部屋では奴隷が鞭で撃たれているし、売春部屋では奴隷と客がセックスしている。そしてレストランは奴隷が接客しているし。

そんなアニメが全ての部屋で同時に行われている。拡大縮小が自由なので近くでしっかり見ることもできれば、建物全体のあちこちでエロが展開しているのを見ることも。特に建物が巨大になるにつれ、全体で見るのは圧巻の一言。

そして、客が落としたお金では部屋を作る以外に奴隷の購入や施設の拡張(購入できる部屋の種類が増えるなど)建物が大きくなっていくのは楽しいし、常にエロアニメが動いているしで経営的にも面白いゲーム。

赤い少女のカチェロット -乱暴な娼館経営エロRPG!-

赤い少女のカチェロット -乱暴な娼館経営エロRPG!-
[アリコレ-Aria corporation-]

売春組織を大きくする経営シミュレーション&地域制圧型シミュレーション。毎作やり込み度がとてつもないアリコレの初RPGでワンコイン価格ながら物凄いボリューム。娼婦のプロフィール、立ち絵が全て自動の自作絵で作られている。

貧しい家の親と交渉して女の子を購入して娼館で働かせる交渉パート、客の好みに合う女の子を宛がう売春パート、女の子のパラメータを伸ばす調教パート、と一通りの経営シミュを高クオリティ&サクサク進行で楽しめるが、本髄は各地域を管理している売春組織と戦う地域制圧戦。管理している娼婦全てを合わせての総力戦で、相手組織と地域住民がどちらを支持してくれるかを争う。

そして、管理する地域が増えると常時収入やら、売春相手の増加やらでできることが増え……という進め方。20時間以上楽しめて、ストーリーもなにげに面白い。

戦闘が娼婦勝負だけど、大悪司系などアリスソフト型地域制圧ゲームに近いと認識しておけばいいと思う。

がーるはんと!

がーるはんと!
[デリュージョン]

凡用キャラにきまぐれアフター素材を利用した裏風俗経営ゲーム。なお、適度に改変しているため、なんとなくアフター素材だけどあまり気にならないかな……というレベル。元々NScripterがノベル用エンジンなので上記作品群と比べると少々UIに不便さはあるけれど、ガチガチにカスタマイズしており、しっかりした経営シミュレーションとして楽しめる。

女の子を騙してスカウトして事務所に監禁して売春させる。どの場所や誰にスカウトさせるかで成功率や女の子のレベルが変化する。そしてお店では客の要望を見て適切な女の子を宛がったり、セックスなどの実技を指導して能力を上げたりする。女の子は外見やステータスだけの完全無個性。ただ、主人公の周りにいる女の子達は話を盛り上げてくれる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする