アリサクエスト 恥辱に塗れてもがんばります(体験版簡易感想)

アリサクエスト 恥辱に塗れてもがんばります
アリサクエスト 恥辱に塗れてもがんばります[シロクロソフト]

魔法使い見習いのアリサが村から盗まれた宝珠5つを取り返す試練を受け、町まできて調査する短編RPG。盗まれた玉珠はすでに売買され町の誰かの手に渡っているため譲ってくれるようお願いすることになります。お願いはエッチな内容、又は妥協してちょっと難しい内容のどちらか。体験版では教会と道具屋2種のミッションがあります。

教会の場合は生贄に欲望を捧げる儀式のイケニエになって欲しいという内容か、又は森の奥で聖水を入手してくる内容のどちらか。まずはイケニエの練習ということで神父さんが信者たちに説教をしている間、机の奥から神父にフェラを行います。道具屋の場合は全裸でアルバイトか、遺跡から財宝を持ってくるか。アルバイトの場合、全裸で母乳薬を飲んでミルクを販売するシチュです。

いずれにしてもエロ系の場合は、段階差分を経てイベントをクリアすると宝珠を取り返すことができます。正攻法の場合は、ダンジョン最奥で目的の物を入手して渡せばクリア。いちおう最奥にはボスがいますが、工夫すると回避することができます。戦闘難易度も低いのであくまで雰囲気としてダンジョンがあると思ってよいでしょう。それぞれのダンジョンで戦闘に敗れると敗北エッチあり。森では触手レイプ、ダンジョンではスライム姦でした。抵抗しててもある程度、最初から感じてしまう身体を持っているもよう。

体験版では入れない部屋や建物(たぶん宝珠がある場所)は、坊ちゃんがいる家、城の兵士の詰所、スラムにある農夫の家。また、NPC達も卑猥なセリフが多く主人公は拒絶していますが、理性値が下がるとだんだん抵抗がなくなるのでしょう。他、体験版内回想数を見ると、おそらくそれぞれの宝珠に対してダンジョン敗北エロ1種と段階エロ3種計20種。そして理性値が高くなることで町のNPC達から計10種のミニエロという構成だと思います。あと全裸徘徊ありともアナウンスされています。体験版範囲ではまだソフトですが、紹介文を見ると性玩具化、家畜化、拷問、三角木馬など結構ハードなんですよね。

短編ながらツボをおさえたゲームになっている気がします。

DLSITE24時間ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする