悪魔を誘う唄(体験版簡易感想)

悪魔を誘う唄
悪魔を誘う唄[当方丸宝堂]

アクションエディターで製作された横スクロールアクションゲーム。オーク愛を感じるサークルです。レベルデザインがしっかりしているためアクションゲームとして純粋に面白い仕上がり。

ストーリーはオークに家畜扱いされる人間女性を救う話です。アクションには珍しくストーリー関連は間違いなく力が入っています。要所要所でビジュアルノベル型のドラマも展開し話を盛り上げます。拠点の村でのNPC会話も豊富でRPG好きさんがチェックしても良いゲームかと。

アクション方面は横スクロールに加えて上下間の縦移動も利用して進むマップの中を自在に動き回ります。斬撃やジャンプなど気持ちいい動作挙動をしています。そして地形マップもよく考えて作っておられます。また、雑魚敵1匹を見ても敵の行動パターンが多彩でよく動いています。主人公と同じ地面の場合だけ速度が上がる敵、グラディウスの基地のように敵を輩出するような敵など行動パターンのアイデアは他アクションと差別化できるなと思えるほど個性的な動きをします。一つ一つ練っているなと感じるゲーム。

主人公もステージで取得したアイテムと交換で道具を購入したりステータス強化を図れるのですが、スピードアップや多段ジャンプ、各種魔法など行動パターンを強化するような強化も行うことができます。

攻撃手段が多彩な敵の行動、味方オークと共同で戦うボス戦、多彩な特徴を持つスキル攻撃など見応えあるゲームですね。敗北時にエロ発生。また、ワールドはスーパーマリオワールドみたいな感じ。

アクセル(EASY)モードだとチートレベルで簡単、NORMALだと村で強化しながら先に進むRPG感覚のプレイが楽しめます。

体験版でのエロは敗北ドットアニメエロを確認。体験版では未確認ですが製品版だと敗北後に娼館に送られ、何人か相手をしないと脱出できないような演出があるそうです。徹底的な凌辱シチュが得意なサークルさんなのでその辺は期待してよいかと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする